星川・隼人堀川の立体交差(伏せ越し)

紹介

星川は熊谷市上川上を起点とし、白岡市西で元荒川と合流する延長34km、流域面積45平方kmの利根川水系の1級河川である。起点から小見(行田市)までを上星川といい、小見から上大崎(菖蒲町)の16間堤までを見沼代用水といい、16間堤から元荒川合流点までを下星川という。見沼代用水が伊澤弥惣兵衛為永によって半年間の短い工期で完成できた理由の一つはこの星川を利用したことであると言われている。

隼人堀川は白岡市柴山を管理起点とし、宮代町を流れ、春日部市で古利根川に合流する1級河川である。隼人堀川は、見沼代用水の完成とともに周辺地域の灌漑用水が確保され栢間沼を干拓するにあたり、溜水を排水するために掘られたものである。この川の呼び方は、以前は庄兵衛堀川合流地点から下流を隼人堀川と呼び、上流部分は栢間堀と呼んでいた。今では河川行政上は全川を通して隼人堀と表示されている。

この2つの用排水路がこの付近で交差し、隼人堀川が星川の川底をくぐって川の立体交差を形成している。